ブログカテゴリ:2015年11月



29日 11月 2015
自分を犠牲にして子どものために生きるっていうことが、 子どもからしたら、誰も頼んでないよと言われてしまうことがあります。 自分の人生のイニシアチブは自分でとってよ! それが、子どもたちの声です。 私も先日、書道を習い始めた次男に着いていき、最初は1時間、次男を見ていようと思っていました。...
29日 11月 2015
自分のことつまらないだなんて… っていうことはですよ! 私ってなんて面白いの!の種が眠ってるってこと。 真逆のものが、あなたの中にどちらもある。 どうぞ信頼をしてください。 もし誰かに自分の人生のイニシアチブを預けているとしたら、自分が主導権!の人生を生き始めよう。 誰かに、自分の人生を預けてる? 預けちゃったのが、お金ならまだしも...
28日 11月 2015
昨日は、小学校でいのちの授業をしてきました。子どもたちの感想をもらったので、いくつか紹介しようと思います。 その前に・・・ハートの授業について。 今年の9月、常総市の鬼怒川決壊の時に 私の生まれた町の小学校の黒板がニュースになっていました。 「びっくりしたね おどろいたね 教科書も机もあるからね だいじょうぶだよ」...
26日 11月 2015
余白、余白、余白… っていう言葉がリフレインしています。 私たちは力を抜くこと、余白を持っていたらそれでいいのですね。 たとえば 演奏が終わった後の空気感、 書道の、墨を包む空白の部分 言葉と言葉の間合い 沈黙… そんな余白のところに、表現はあるのですね。 隠すため、自分を大きく見せるための上塗りは見にくい。...
24日 11月 2015
「どうやったら友達ができますか?」 12歳のその子は、直球で投げかけてくれた。 「前向きになったら友達ができるって先生には言われたけれど…」 ひとりぼっちになってしまう孤独。 無視されてしまう恐怖を、その子は話してくれた。 感覚がとてもすばらしくて、 君がそんなふうに体全部で感じてるんだって誰か知ってる?って聞いてみた。...
23日 11月 2015
今日は、近所のおばちゃんと、次男のえいたくんと2年生の友達とで、家の前の公園の落ち葉掃きをしました。 木の中に巡る水の変化が、こうして葉っぱを散らせるなんて不思議。 生きてる間にあと何回見れるんだろう、落ち葉。 あぁもったいない。 この落ち葉で焼き芋でも焼いて、わたしの体に巡らせようか。...
22日 11月 2015
私の、幼きころ 一番に大好きだった絵本。 わたしをあらわしてる絵本。 「てっちゃん けんちゃんと ゆきだるま」 絶版になってしまって手に入らなくて、遠い図書館から取り寄せて30年以上ぶりに読みました。 そうかぁ、男の子ふたりが主人公の絵本が好きだったんだな、わたし。 いま、男の子ふたりのお母さんになっている不思議。...
20日 11月 2015
息子に 「おかあさん、最近優しくなったね」 って言ってもらったんだって。 優しくても、怒っていても 本当はどっちでもいいんだけどね、 目が輝いてるからよかった。 彼女はトイレットトレーニング 怒りのコントロール アンガーマネージメント などなど、片仮名の付くことたくさんして トレーニングしよう コントロールしよう...
19日 11月 2015
地球はまんまる。 月も太陽も。 頭も指先も、みんなまんまる。 これから人の世の まんまる はじまる。 憎き人、分かり合えない人、 自分とは正反対だと思う人が 自分の対極にいると思ったら、 輪になって手をつないでみたら 実は隣の人だという事がわかるよ。 極がない、まんまるな世の中。 弥勒の世。 愛しき人を失った悲しみを憎しみに変えて...
18日 11月 2015
お母さんに捨てられた子、って呼ばれてる子と会った。 おかあさんいないんだ、へえ。 かわいそうね、だなんて思わないよ別に。 ただ、爪が伸びすぎちゃってる。 切ってあげようね。 日向ぼっこしながら爪切りする。 手にクリームも塗ってあげたかったけど、今日は持ってないんだ。 足の爪はどうなってる? 先っぽ曲がっちゃうくらいに伸びてた。...

さらに表示する