京都〜鞍馬

とある国家資格を受けてきました。

むずかしすぎて

なかったことに^^

 

 

ササっと切り替え、舞の精進と

からだの休息に京都へ向かいました。

 

 

おきまりのコース

貴船〜鞍馬寺への登山と、鞍馬温泉。

 

 

紅葉も雪景色も

ウエサク満月あたりの新緑も

ぜんぶ好きだけど

 

 

この真夏の貴船の感じ…

川床の風情🎐

あーよきよき

髪を結って着物を着たいなぁなんて

そんな心地で向かった山中にて。

 

 

あまりにショックな景色に

二度見をしました。

 

 

あぁ大杉権現さま。

周りの木々もバッタバッタと倒れて

御社の姿もなくなっていました。

 

 

わたしにとっては旧友がなくなってしまったくらいにショックで、しばらく一人で弔いをしました。台風の端っこに当たって倒れてしまったようです。

 

 

変わってゆく景色と

変わってしまった人間の意識とがおんなじなら、

山に入ろう。地面に立とう。

 

 

キツツキなのか風で木がしなる音なのか

山中に響き渡るギゴゴギコギゴーー

なんとも言えない木たちの声、生きてる。

そんな声。

 

 

黄金虫の羽音も、博物館で見た冬虫夏草もぞくぞくする。響いてくる、生きてる、って声。

 

 

生きるって泥くさいし

だからこそ、ぞくぞくするような生命力が、また湧いてくる。

 

 

わたしは本当に好きです

あなたたちがーー

 

 

* 鞍馬に行くと、復旧を願って寄付ができます。