強さと弱さ



受け入れ難き権力者を目の前にした時
自分の権威を目覚めさせるチャンスとする。


誰かを喜ばせることではなく
被害者や犠牲者となるのでもなく


自分自身の権威を立ち上げること。


今、ハワイのマウナケアで起きていることや
日本の選挙前々夜に入ってくるニュースたち、


そして縁ある身近な場所で目にすることや
パートナーシップや人間関係もろもろ


すべて同じテーマで進んでいるように感じています。


弱さの方が馴染みやすかった女性たちが
強さを手にしていくことで何が変わるでしょうか。


強さ、とは何でしょう。


自分に問いかけます。


権力は支配と共存している
けれど
権威は祈りと共存できます。


強さも弱さもぜんぶ包むような強さを育てていきたいです。





私にはいろんな名前があって
生まれた時、学校時代、結婚してから、
社会的な仕事をする名前
子どもから呼ばれてる名前
実家で呼ばれてる名前
ハニーから呼ばれてる名前
ダンスや瞑想仲間から呼ばれてるカタカナの名前


ざっと数えて8個も!


どんだけの顔を作ってきたのか!!


そして、どれを使っていいかわからない今。


わからないので、手をつけずに
わからないままいます。


社会に自分をさらすのが、怖いから
どの自分を出していいかわからないです。


写真とか平気で出してるけど^^
名前とかやってることを
どこまで出したらいいかわからず怖いのです。


まとめると、権威を持つのが怖いのですが
名前がつかない
今のプロセスも大事にしています。


そんな臆病なわたしですが
だからこそ安全な場を用意できるんじゃないかなぁと思ってます。


そっと会いにきてね。


メニューはこちらからご覧ください。