わたしには力がある

 

昔の、子どもとの記録を見返してた。

 

 

いろんなエピソードがあって、君たち面白すぎです。

そして必死な自分が笑えます。

 

 

まとめて、子どもたちが卒業のときにプレゼントしようと思ってます。

 

 

ひとつ、この日記の最後に子どもたちに向けてのメッセージを付けました。

 

 

(たまーに更新されるコラムの「千賀子さんの子育て」にも「安心して怒りなさい」という記事をエピソード付きで追加しました)

 

 

さて。いま立て続けで

 

 

「依存から自立」っていうテーマが、わたしを含めて周りの方や、講座に来てくださってる方にも起きているように感じます。

 

 

一般的に言われる

自立とは少し違うのかもしれない。

 

 

誰にも頼らないわ!

わたし一人でも食べていける!

 

 

ではなく

 

 

自分で自分を滋養すること。

自分の中の、権威を取り戻すこと。

 

 

この滋養と権威が内側にあれば、

すごく自然に人に頼れる。

 

 

(内なる、母性と父性です)

 

 

依存のない、助け合いの状態。

 

 

わたし自身に対しても

クライアントさんに対しても

家族に対しても

 

 

いい人の面ばかりでなく

やんちゃな部分や、怒りとイライラの日常、そして失敗が出てくると

「ほんとう」が芽生えてきているようで、うれしくなります。

 

 

子どもがそうであるように

大人でもまた

愛着ある人への

反抗や怒りが、自立には欠かせない時がある。

 

 

NOを言うこと。

 

 

そして自分の中にある

権威を取り戻す。

 

 

「怒りを出したら

見捨てられてしまう」

 

 

この呪縛をといていくプロセス。

 

 

子育て中の方にもよくお伝えするのは

子どもの怒りを受け止めなくては!、と思い過ぎないで。

 

 

それより、あなたの怒りは?ということ。

 

 

自分の意思を周囲に、正当に表現することは大切です。

 

 

よくあるのは、社会的ないい人をつづけて、家に帰って一番身近な人に怒りをぶつける場合。

 

 

子どもへの怒りやイライラをやめようとすればするほど、負の連鎖(しようとしてもできない→罪悪感→繰り返す)に入るから、

 

 

それより、自分がかぶっている社会的ないい人を少しやめてみることから始めてみよう。

 

 

外側なんて、ドラマだから大丈夫。

 

 

誰かに嫌われても死にはしない。

 

 

(嫌われることが世の中の終わりだ・・・と思う心境もわかります。でも実際に嫌われてみたら大したことはないことがわかります)

 

 

自分の内側を大切にして

外側から内側を守ってあげて。

 

 

時には、キレるのもあり。

 

 

あの人変な人、と見られることだってある。

 

 

そうこうしていると

依存から自立に向かう時

自分を癒すのは

自分自身しかいないとわかります。

 

 

誰かに求めては、それが得られないと愛憎をひっくり返していた自分から

誰かに向けていたエネルギーを自分自身に回収していくプロセスが始まります。

 

 

そして、依存から自立へのプロセスでは人との境界線がはっきりしてくる。

 

 

私は誰のことも

傷つけることはできないし

 

 

私は誰のことも

救うことができないとわかります。

 

 

 

私には力がある、それと同時に

 

 

あなたにも力があるから!

 

 

そこには信頼の眼差しと寄り添いがあるだけ。

 

 

 

***

 

 

 

 

君が怒っても見捨てたりしないし

変わらずいるから

安心して怒りなさい。

 

 

怒りは出したほうがいい。

 

 

出してみなくちゃ大きさとか手触りとか分かんないし、

しまい方がわからん。

 

 

いい子なんて、やめちゃえ。

 

 

聞き分けわけがいいと、嬉しくて儲けもん「ありがとう」だけど

 

 

聞き分けがいいからって

褒めはしないぞ。

 

 

その代わり、母さんだって

いい子はしない。

 

 

ぶつかり合って、そのままの姿でもちゃんと解り合おうよ。

 

 

ただ、母さんが約束することは

たくさん希望に満ちた言葉を浴びせることと、もうひとつ。

 

 

「そんなこと言ったら嫌われるよ」

「そんなこと言うんじゃない」

 

 

は絶対に言わない。

 

 

どんなことを言ったって

いいんだよ。

 

 

どう思われるか、なーんて気にして話すんじゃないよ。

 

 

堂々としてな、ね。

 


大丈夫だよ、君は。

 

 

私も。

 

 

おやすみ。

 


(2010年11月 ブログより)

 * * *

 

 

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。

 

 

 

スペースDevi は東京の下町にあるヒーリングサロンです。

 

 

舞 むすひ 祈りをテーマに

個人セッション、舞・祈り、瞑想などのイベント、臨床心理学の講座などを行っています。

 

 

 

 

* * *

 

 

サロンでは、いろいろな形で皆さんの内側に触れる時間をご用意しています。

 

 

◆グループ:連続講座について⇨ ハートを聴く心理学

 

 動画あります↓

https://youtu.be/JSUEuTzz-oU

 

 

◆単発:イベントについて⇨ 山の瞑想会 次回は5月19日を予定しています。

前回は⇨こちら

 

 

◆定例:舞によって余分なものをそぎ落としていく体の探求、祈りとは?を探求しています。

舞と祈りの会について⇨ 祈りと舞の道

 

 

◆個別:カウンセリングとヒーリングについて⇨ 個人セッション

 

 

 

 ✨  ✨  ✨

 

 最新情報はこちらです。