純粋性って



臨床心理学の、「臨床」っていう字は床に臨むと書いて横たわる人の隣で見守るという意味があります。



過去のデータ、法則から心を捉えるのではなく、目の前の人との実際の関わり合いの中から心を扱っていきます。



臨床の心理学は、量子力学と似ている所があるなと思います。



量子(=原子や分子レベルの最小単位の物質)には動きの法則や規則性がなくて、見ている人との関わり合い、観察する目によって変わるという力学です。



臨床の場面でも、

「わたし」っていう存在は、観察する目がなかったら、どんな動きになるんだろう。とか、



相手を純粋に見ることができたら、本当の相手の方に出会うことができるんだろうなと思ってます。



だから、やることは自分の純粋性を磨くことだけだったりする。



いわゆる一般的な「純粋」と、私が伝えたい「純粋性」は違うかもしれない。



無知でまっさら、私は穢れていませんという意味じゃなく



無知なことを知ってる

まっさら、じゃないことを知ってる

穢れるっていうのは概念にしかすぎないことを知ってる



…そんな感じ。



だから怒り狂うことも残虐性すら、純粋さゆえの場合がある。



講座でもお伝えする、「自己一致」っていう状態。



観音舞のお稽古で言うところの、「身体の癖をそいでいく」っていうことで、祈りや瞑想でも、この”純粋性”を大切にしています。




さて。今日は緊急対応がふたつ重なり、



命が生きてるのは、紙一重だなと思いました。



必死に生きてる人、ギリギリのところで生きてる人がいる。



私はいかに純粋な目で彼らを観察することができるか、しかできません。



今日も一生懸命に生きたし、人と出会った!という感覚です!



生きてます!!




追記🐥🐥🐥



NYでしか手に入らないフラワーエッセンスいただきました✨RAINBOW✨✨



ギャー❣️ うれしすぎる!!



さっそく飲んだら、昨夜の夢で虹がでた🌈



 

 

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。

 

 

スペースDevi は東京の下町にあるヒーリングサロンです。

 

舞 むすひ 祈りをテーマに

個人セッション、舞・祈り、瞑想などのイベント、臨床心理学の講座などを行っています。

 

 

 

サロンでは、いろいろな形で皆さんの内側に触れる時間をご用意しています。

 

 

◆グループ:連続講座について⇨ ハートを聴く心理学

 

 

◆単発:イベントについて⇨ 山の瞑想会

 

 

◆定例:観音舞、祈りの会について⇨ 祈りと舞の道

 

 

◆個別:カウンセリングとヒーリングについて⇨ 個人セッション

 

 

 

 

 ✨  ✨  ✨

 

 最新情報はこちらです。