私にとっての宗教

 

 

過去に

「宗教なんじゃないの?新興の。」

 

と言われて、私が集団で踊ってる写真を印刷されて親族に通告されたことがあります。

 

 

その時の私は

「宗教なんかじゃない!そもそもどこかの組織に属すことすら苦手な私が宗教団体とかに入るわけない!」と食ってかかった。

 

 

後から冷静になって考えると

あそこまで「宗教じゃない!」って反発することなかったなと思った。

 

 

宗教じゃない!と反発すればするほど、「宗教であってはならない」が強まって、「宗教でしょ!」と対立することになる。

 

 

別に宗教でもいいじゃないか。

そう思う人の偏見にすぎない。

 

という余裕があったらよかったけど

 

 

「宗教」とラベルを貼られて区別されるのが嫌だった。

 

 

でも、そもそも宗教ってそんなに悪なのだろうか。

  

 

生まれた家の裏庭にはお稲荷さんが祀られていて、ご先祖様の仏壇とお墓と、あとは神棚があって天照大神様の掛け軸があった。井戸の水の神様、満月にお供え、なども自然にしていた。

 

 

田舎で田畑があり、しきたりを大切にする地域のごく一般的な家庭だった。

 

 

これも神仏交えた、立派な宗教だ。けれど、それに対しては「宗教だ!」という偏見は誰からもなされない。

 

 

私の中では、実家の宗教観も私個人の宗教観も同じなのに、どうしてだろう。

 

 

そもそも八百万の神様というように、日本には「あらゆる自然の中に神様が宿る」という思考があり、アミニズムとも呼ばれている。

 

 

その後、卑弥呼に代表されるような巫女によって神託や儀式がシャーマニズムとして興ったとされている。

 

 

沖縄のユタ、東北のイタコ、北海道アイヌのトゥスクルが日本を代表するシャーマンだ。

 

 

自然と共に暮らしてきた私たちは、自然を敬ってきた。

 

 

それが宗教の原点だと思う。

 

 

 

 

今や、自然から切り離されるにつれ、宗教も私たちの生活とは切り離されてきた。

 

 

幾つかの宗教団体が権威やマインドコントロールで起こした事件やトラブルにより、宗教が何か怪しいものとされ、それに関わると気が触れてしまうような印象を持つようになった私たち。

 

 

けれど3.11で地面が大きく揺れ、大自然によって私たちの細胞が目覚めを始めた、私たちの意思とは関係なく。と私は思っている。

 

 

より自然に生きたい。

日々を感謝で大切に生きたい。

自分の真実を生きたい。

 

 

そんな人が増えてきている。

それは自然だ。

 

 

アミニズムやシャーマニズムの再来のようでもあるけれど

同じことに戻るのではない。

 

 

ここまで不自然になった都会で、あえて不自然なことをしながら自然に還っていくのが私の宗教観。

 

 

時に、公園で踊ったり山で太鼓たたいたり、白い服を着て神社で旋回をしたり、洞窟で真言を唱えたり。

 

 

サロンにはクリスタルボウルが飾られ(昭和の宗教ステレオタイプ・・・壺のよう^^)

 

 

鳥の羽やスカルがあり、セージの葉で部屋中を煙で炊くこともある。

 

 

グループでダンスするイベントに行ったり、何人かで瞑想したり。

 

 

怪しいと言われたり、不自然だと言われるかもしれない。

でもこれが、私のライフスタイルでごく自然なこと。

 

 

ある人がフィットネスジムに行くとスッキリするように、私自身の体と心を整えるものだ。

 

 

 

 

 

小さい頃から、雲を動かせると思っていたし雨や風だって起こせた。

そしてそれは自然と一体になった時に自然に起きることと心底信じてる。

 

 

社会の仕組み、洗脳のような教育や社会的ルールで自分を牢屋に入れるのではなく

「私」の中に、神聖さと野生の力を取り戻す。

 

 

それが私にとっての宗教。

 

 

 

* * *

 

 

だから今、「宗教なんですか?」と聞かれたたら

「絶対に違います!!」と答えるのはもうよそうと思う。

 

 

「そうなのかもね。」と答えようっと。

 

 

そして「あなたの宗教観は?」って聞いて、楽しい話ができたらいいな。

 

 

✨2018年の新しい構想

 

     水

  金     木

    土 火

 

 

◆ひとつめ。

 

旧暦の開ける2月より、観音舞のお稽古の後

 

「祈り」に特化した時間=あめつちの会(仮名)を、15時45分〜16時45分に開く予定です。

 

 

創造と即興をベースに、祈りに向けたシェアリングやワーク、身体を整える行や奉納に向かう心を整えること、または旋回の祈り、儀式的な祈りなどを考えています。

 

*あらゆる組織・団体との関係はありません。➡︎宗教について

 

 

今を生きるとは?を見つめ、創造的に生きることを、身体レベルに落とし込んでいきます。

 

まずはご挨拶として、京都・鞍馬寺にて1月24日(水)の午前中に舞と祈りを奉納する予定です。見学や登山の同乗が可能です。ご一緒したい方はお声掛けくださいネ♬

 

 

 

◆ふたつめ

 

聴くプロになる

   カウンセリングからスピリチュアリティまで(全6回講座)が2月26日スタートします。

 

詳細は近日中にお知らせします。

土日開催については検討中で、リクエスト開催とします。お問い合わせください。

 

 

***

 

 

スペースDevi は東京の下町にあるヒーリングサロンです。

 

舞 むすひ 祈りをテーマに

ヒーリング・カウンセリングの個人セッション

舞・祈り、瞑想などのイベントを行っています。

 

 ✨  ✨  ✨

 

最新情報はこちらです。