カマを持った魔女


セッションでもイメージワークを使うことがあります。



スーツを着たロボットが指示をしてくる



そう言っていた彼女も

そのロボットと友達になったら

ロボットがロボットでなくなってきた。



今後またどんな風に

変わっていくかとても楽しみです。



わたしも昨夜

瞑想的イメージワークをしていたら



わたしの右肩に

カマを持った魔女がいた。



大きな鼻でとんがり帽子をかぶってる目つきの悪い魔女。



カマの先は鋭く尖っていて、

切ったり裂いたり

イヒヒ…という感じでこわい。



その魔女と友達になろうと

声をかけていったら



えもいわれぬ

不快感と

めちゃくちゃにしたいような



もう言語化無理!の領域に入った。



その中に入って、ただただくつろいでいた。



少しずつイメージとか言語化ができるように戻ってきて



そうしたら無性に

草むしりしたくなった。



素手で根こそぎ草を抜きたい。



カマで草を刈りたい、

調理とかしたい。



魔女の薬草?



と思ったら、魔女はもういなくて



その代わりに、意識は下半身のかゆみへと移っていった。



1人ひとりの中の

忌み嫌うもの


なくしたい身体の症状や癖。



ぜんぶが眠ってるリソースだと感じます。



病気も

エネルギー過多の場所

つまりは元々は、ポテンシャルでもあった場所。



不快を排除するというより

不快といっしょにくつろいでいることで変容が起きる。



イメージでの変容は

イメージの中にとどまらず



現実的にも、わさわさと

叶えたい欲求が出てくるから不思議。



わたしは草を地面から抜きたい!

ってう欲求。



たぶんこれを放っておいたら、

毛を抜き始めたり

だれかを根こそぎやっつけたくなるような怒りになるのかもしれないなぁと、あぁ面白いねと感じる。



薬草、野草、雑草と触れあいたい

っていう欲求。



どこにいけばいいんだろう?




週末はまず大山へ行ってきます!!




写真は魔女な彼女が作ってくれたもの❤️

           phote by Komeo


スペースDevi は東京の下町にあるヒーリングサロンです。

 

舞 むすひ 祈りをテーマに

ヒーリングの個人セッション

舞や瞑想などのイベントを行っています。

 

 

最新情報はこちらです。