飲んで瞑する〜サイレントから五感を開く〜

 

 

今月の飲んで瞑するのテーマは

「サイレントから五感を開く」です。

  

 

【日時】11月18日(土曜・新月)17時45分〜20時

 

【参加費】5000円

 

【場所】 東京都 門前仲町

   

 場所の詳細は、個別にお知らせしています。

 

 

【定員】5名さま

 

 

【内容】

中国茶を飲んで弛んだ後、五感を使った瞑想をします。

 

・瞑想の基本レクチャー

・中国茶を飲んで、体を緩ませ温める

・トラタック瞑想(見る)

・un-doing瞑想(触れる)

・darkness瞑想(味わう、嗅ぐ)

・クリスタルボウル瞑想(聴く)

 

新月の夜はサイレント瞑想と誘導(ガイダンス)瞑想です。

 

 

 純粋に見る

 感じるように味わう

 触れるの極意 un-doing

 脳で嗅ぐ

 全体を聴く

 

自分の5つの感覚(見る、触れる、聞く、味わう、香る)を瞑想的に体感していき、who am I ?を問いかけていきます。

 

サイレンスの中で湧き上がる、自分への信頼、この世の味わい、喜びを共に感じていきましょう。

 

 

こんな方にオススメです。

 

✅安心して静かな時間を過ごしたい

✅頭をスッキリさせたい

✅自分の中に余白を作りたい

✅感じることをもっと味わいたい

✅無感動、無感覚な時がある

✅浄化したい

✅瞑想を体感したい

✅都会のヒーリングルームを体験したい

✅新月の夜に、神聖な時間を過ごしたい

✅ただ、なんとなく気になる・・・など

 

 

*****

 

 

キャンドルへのこだわり。

どうして中国茶なの?

 

も順番にご説明していきますね✨✨

 

前回の様子です。セドナのお話会も兼ねた「Where is your truth?」がテーマの飲んで瞑するでした。

 

◆キャンドルへのこだわり

芯を編むお手伝いをさせていただいている、リンクナチュラルさんのこちらの商品と、和ろうそくを使います。

 

 

◆中国茶への思い

 

鎌倉時代に中国よりもたらされた喫茶の習慣。その後、禅寺を中心に盛んに飲茶(いんさ)が行われてきました。

 

 

つまり、日本の茶道よりも前からある中国茶。

 

 

「皇帝の飲むクスリ」

「茶葉は養生の仙薬なり」と言われ、漢方のような働きがあります。 

 

 

 

発酵食品の一つでもある中国茶。

日本のお茶と比べてカフェインも少なく、味よりも香りを楽しむのが中国茶のたしなみ方です。

 

 

また、日本では100〜200メートルの標高で作られる茶葉ですが、中国では1500メートル級の標高の高山で栽培されています。

 

 

中には岩から生えた茶葉、

刈り取ってなお残った茶葉など

生命力が強いものが多くあります。

 

  

オーガニックを超えて、野生の味。アロマテラピーを超えて、自然そのものの香り。

 

 

香りをかぐという行為は、最も私たちの本能的な脳の中枢神経につながっていて、私たちの潜在意識へ働きかけてくれる作用があります。

 

 

脳にダイレクトに届く、嗅覚を使うことで瞑想に入る前の準備になります。

 

 

飲んで酔ってうっとりな時間を過ごしましょう✨✨✨

 

 

スペースDevi は東京の下町にあるヒーリングサロンです。

 

舞 むすひ 祈りをテーマに

ヒーリングの個人セッション

舞や瞑想などのイベントを行っています。

 

 

最新情報はこちらです。