舞のお稽古のご感想

 

舞ってどんなことをするんですか?

 

踊りやダンスとは違うんですか?

 

どうして舞なのですか?

 

そんなことを綴っていきたいと思います。

 

 

まずは、ご参加くださった方からのお声を載せていきます。

 

 

 

◆シンプルで大切なことを教えてもらって、自分の中の本当に触れた感覚になりました。

 

◆呼吸から舞うというのが心地よくて、途中で不思議な気持ちになっていました。安心して動いたり舞うことができました。

 

◆自分の身体の硬いところや痛むところを、がんばってるんだねと労わることができた。今まで嫌っていたところを受け入れられそうな気持ちになった。

 

◆スピリチュアルの概念として知っていたことが、自分の体感を通して腑に落ちる体験をして、大きな気づきとなりました。

 

◆自分の身体に意識を向ける時間は、瞑想的で女性的で、体があたたかく気持ちまで穏やかに世界がキラキラして見えました。

 

◆気持ちがよくて、踊るのが好き!と再確認しました。自分のメンテナンスのために通いたいと思いました。

 

◆舞が何なのか分からずに来てみました。腰も痛くて、踊ったこともなかったけれど、ゆったりとした動きで身体が癒されてスッキリしました。

 

◆自分の丹田がどこにあるのかわかりました!胸がうまく開かないし、思うように腕が動かなくて鏡を見るのが嫌だなと思いましたが、今の自分にOKを出すというところから、始めてみたいと思います。

 

◆いかに自分が無駄な動きをしていたか、気づきました。千賀子さんの立ち姿や姿勢が美しく、女性が本当に美しいと感じる空間に居られることが幸せでした。

 

◆型を覚えるのが苦手でしたが、声を出したり自由に踊ったりすることもあるので、安心しました。もっと舞って自然の中でも舞えるようになりたいです。