所有から共有

子どものことで悩んだら

子どもと距離を置くこと。

 

 

罪悪感から

子どもが不登校になって

仕事を辞めるとか

 

しなくて大丈夫。

 

 

 

母の不安と

子の不安は

同時に起こる。

 

 

◯◯だから◇になった。

のではない。

 

 

大人は自分のことで悩むべき。

人のことで悩んでいたとしたら

 

 

そうすることで

自分の悩みを後回し

見ないふりができていることに気づくかもしれない。

 

 

自分のことをちゃんと悩んだらいい。

 

悩むべきところで悩んだらいい。

 

 

本来みるべきところを

みないふりをして

 

 

誰かが(あなたを愛する人が。)

あなたの痛みに共振して

気づかせてくれているだけ。

 

 

子どもは愛すべき存在ではなくて

あなたを愛してるってこと。

 

 

蓋をあけて

奥の奥に

どんな声がある?

 

 

カモフラージュ

デコレーション

も楽しいこともあるよ。

 

 

でも奥にあるものは

 

 

もっと美しいよ。

 

 

なにもなくなった

空虚だらけの

おめでとう

わたし✨

 

 

って

自分のチャレンジにお祝い✨

 

 

 

 

自分にベクトルを向けよう、おとなたち!

 

 

そして子どもを一人で抱えるな。

 

 

私の子はみんなの子。

 

 

他の子は、私の子!

 

 

 

子育てから手を引く!と決めたら

悲しくて

空虚がやってきて

でもなぜか手放したところに

前に増して愛おしい気持ち。

 

 

 

という私の経験から湧いてくるのは

 

 

所有から共有へという流れ。

 

 

もはや、子どもがいる人

いない人の分離もなくなる世界へ!!

 

 

3年前のぼやけた写真とともに

クリアな世界へ。

Information
◆2017年3月11日(土)14時〜
 舞のお稽古の始めませんか?
次回は3月18日(土)10時半〜となります。
 
◆3月18日(土)13時半〜
上質な、麻で我が家に聖地を作る
手はハートの延長
手を使って感覚を開いていきましょう。

 

 
◆2017年3月23日(木)
身体を使って遊びませんか?
ハートを開いて出会いませんか?
 踊るヒーリング 踊るエンパワーメント
 「信頼のダンス」
 *昼の部・夜の部をお選びください⇨詳細はこちら
 
 
◎舞い むすひ 祈り スペースDevi
*ご案内
 サロンでのメニュー
 プロフィールはこちら