水と重力




今日はクラニオセッションの練習会でした。
私が日々鍛錬を重ねているクンルンネイゴンや舞と共通してるなぁと感じるクラニオは、本当に心地よくて無駄な力が抜けていきます。


触れている皮膚感覚
目に入る景色
相手と自分の間にできるエネルギーフィールド


この3つを同時に感じる…


すべてが交わっている感覚…あぁなんて気持ちがいいの。


もともと落ち着きのなかった私は、気があっちへこっちへ行き、多動でグラウンディングが薄くなることが多くありました。火がついたように、カーッとすることも時折やってきては破壊的、感情的になっていました。


火は、下から上に燃え上がる
男性的な質に似ています。


クンルンや舞など水の行をするようになって、かなり落ち着きを保てるようになりました。イライラすることやカーッとなることはめっきり減って、流れる満ちる感覚が増えたように思います。


いわゆる「感情的になりやすい」とか「イライラしやすい」とか「落ち着きがない」というのは性格ではなく、単なる水が巡っていないだけだったというシンプルな答え。


まだ道の途中ですが、自分で水を発動させること、上から下に流れ落ちる水のように、体で重力を感じることができるようになりました。


重力は、すべてを受け取って洗い流してくれます。ふところみたいなもの。


特に男児を2人も育てている私は、どうしたって火のエレメントが強くならざるを得なくて。


だから、自分で水を発動させることが大切と感じます。


水は、重力を感じるように立ったり踊ったり、実際に水に触れる機会を持つこと、流れるように好きなことをすること、女性と触れ合うこと、人と触れ合ったり涙を流すような感情体験などなどで動いていきます。



「本当の水は少なくなってしまった。けれど人と人との間に本当の水は湧く」という、ハートから溢れてきたメッセージを私は大切にしています。



◎募集中◎
2017年2月15日〜2017年2月19日 

那須シズノ 旋回舞踊  
スパイラルビジョン ワークショップ 
88の巫女よ集まれ!プロジェクト 

今回はハワイ島ダンス公演の、お仲間募集中です✨


◎舞い 結び 祈り

サロンでのメニュー

プロフィールはこちら