過去への恩返しと護摩焚きと


幼いころ
ひぐらしはわたしの中で鳴っていた。


胸の奥をくすぐるように。


今でもいつかのひぐらしが
ふと鳴き出すことがある。


お家に帰らなきゃと夕暮れに
見た稲穂はこの雑踏の中でも生きている。


過去が
ここで息をしてる。


握りしめた過去でもなく
蓋をした過去でもなく


手を放した過去は
いつまでも生き続けるのでしょう。


...smile and let go
なぜか
よその国の言葉で聞こえる言葉に


私は今、握りしめたものから手を放します。
目の前のものを微笑みとともに見ていきます。


舞うように
いつでも手のひらは放たれて


手放して初めて過去が生き始める。


それが過去への恩返し。


さあ。手のひらを放ったら
大切に大切にこころに仕舞われるよう。


いつかのひぐらしの羽音は
もなお
輝きを増しつづけています。



***


友達からのありがたいお誘いで新月の日に、深川不動尊へ護摩焚きに行ってきました。

こんな近くで、こんな体験ができるなんて!!

深川に15年以上住んでいて初めてお不動さんの堂内まで足を運びました。


太鼓や法螺貝の音、不動明王のご真言や般若心経などお坊さんたちが一斉に唱える中、護摩焚きの火のお焚き上げ、すばらしい空間に身体が震えました。


年末にここに来れたこと。
新月の空と雲が、夕日は格別だったーー!


友達と、あるマンションの高台から夕陽を感じたり

美味しいお料理とお酒と
楽しい会話。


あと2日で今年もおわり。
なのに、まだ年末な気がしなーーい。


護摩焚きは、息子たちも連れてまた行こうっと。


◎募集中◎
2017年2月15日〜2017年2月19日 

那須シズノ 旋回舞踊  
スパイラルビジョン ワークショップ 
88の巫女よ集まれ!プロジェクト 

今回はハワイ島ダンス公演の、お仲間募集中です✨


◎舞い 結び 祈り

サロンでのメニュー

プロフィールはこちら