愛し君へ

 

東京も台風の気配が少しずつ感じられる風ですね。

 

台風が来ないと、海の珊瑚はダメになってしまうんだって。

 

 

さて。

 

私も台風ならぬインフルエンザA型を通りぬけ無事、帰還しました。

 

 

ここ数日、書けないようなことがいろんなことがありました。

 

 

それに加えてインフルエンザが追い討ちとなり奈落の底…と言ったら大げさすぎるけれど

ある種の底に行っていました。

 

 

「ここに居てもいい」

 

 

こんなあたりまえが

すっぽり抜ける感覚

 

 

存在すら脅かされるほどの悲しみに入っていました。

 

 

旦那さんのおかげで子どもたちとは数日間、別の家で暮らしたので

とにかく毎日何もせずに、散々泣くことができました。

 

 

きっと”かわいそうな私”から抜けるために

必要な数日間でした。

 

 

近所の友達や、遠くからも食べ物を差し入れしてくれて

ありがたかったです。

 

 

弱っている時に、あったかい気持ちは

染み込んできます。

 

 

ありがとう。。

 

 

やっと気持ちも安定してきて

自然に笑顔が出てきました。

 

 

おーちゃん、えーちゃんを一人ずつ

久しぶりに胸に抱きました。

 

 

あったかくて

炎症した気管支がほーっと癒えていくようでした。

 

 

愛されるのも幸せだけど

愛する気持ちがいちばんの喜びだって

教えてくれた二人。

 

 

ふと。アイスコーヒーが飲みたくなって

氷のカランコロンと

 

 

大好きな森山直太郎くんの愛し君へを聴いて

 

 

「わたし、生きていけそう」

 

 

そんな一言が内側から出てきて

タバコでパイプセレモニーをしました。

 

 

満月の夜を超えて、改めて。

 

 

ただのインフルエンザじゃなかったねと思いました。

 

  

悲しみを感じきった

割り切れない思いを

割り切れにままにできた

心細いままにいた。

 

 

私たちが肉体を離れたら

マイナス5とプラス5は、プラスとマイナスは残らずに「5」しか残らないと言います。

 

 

喜びも悲しみも

振り切ったらそれでいい。

 

 

いつもどんな自分とも一緒にいてあげるね

と約束しました。

 

 

峠を越えて

わたし、またトータルでいたことにおめでとう。

 

PS 新曲の「嗚呼」のPVもすごくよかったよ、直太郎くん。

*** 10月のイベント ***

 

2016年秋のダンスリトリート 河口湖

 2016年10月7〜9日

 

 

◆那須シズノ東京ダンス公演開催決定!!

2016年10月23日 主催・出演予定です。

どうぞお越しください。