不完全さの愛おしさ

長男がインフルエンザになりました。

たぶん都内でもさきがけの学級閉鎖。

9月…早すぎる。

おかげで10連休

からのシルバーウィークに入りました。

 

せっかく夏休み終わったのに

春休みより長い秋休みなんて

 

どないなってる!!

 

 

 

さて。私は最近ある人に

「クズだね」

 

 

と言われまして、それが妙に直球すぎて私のツボに入って爆笑でした。

 

 

わたし、クズなんだ!!

って楽になったし

 

 

いまわたし界隈で「クズ」が流行ってます笑。

 

 

不完全って愛おしいなと思います。

 

 

傷つくのも傷つけるのも怖くて

完全じゃない自分が怖くて

動けなくなることってある。

 

 

学校に行けない子のほとんどが

「怖い」

といいます。

 

 

その、怖いの質は人それぞれですが

 

 

具体的なものや人が怖い場合と

 

 

よく分からないけれど怖い場合がある。

 

 

フラワーエッセンスを使い始めたことで、可愛い小瓶を買ってきて、学校訪問のときに集団に入れない不登校の子どもたちに小瓶をプレゼントをし始めました。

 

 

怖いことがハッキリしてる子どもにはミムラスの花を

 

 

怖いことが何なのか分からずに怖さばかりが膨らんでいく子には、アスペンの花のお水をあげました。

 

 

 

ミムラスは川辺に咲く黄色い花です。

黄色の花の中に赤い点々があって猿の顔に似てることからモンキーフラワーとも呼ばれることがあります。

 

 

蜂たちは、この赤い点々に魅了されて

「飛び込む」わけだけれど

 

 

「飛び込んでごらん」、そんなふうにミムラスは語りかけてくれてるようです。

 

 

 

もうひとつ。

アスペンは、ポプラの高木。

フカフカした灰色の花と表と裏で色が違う葉っぱを持っています。

 

 

陰と陽、意識と無意識、この世とあの世の狭間を表現しているような、えもいえぬグレイな雰囲気で、風に揺られて小刻みに身体を震わせています。

 

 

怖いよ、怖いよって。

何が怖いのかも分からない、正体不明の怖さは言葉で表現するのも難しいから、ただただ怖いんだねってそのままを抱きしめてほしい。

 

 

 

怖いのは未知だから

未知って怖い。

 

 

未知には知らない自分が眠ってるから怖い。

 

 

でも花を見てると不完全なんて

そもそもないんだね、と思います。

 

 

今日も帰り道で空調に当たって寒そうにしてた

胡蝶蘭を連れて帰りました。

 

 

ペットショップに行くとかわいそうになって連れて帰ってくる人みたいに

 

 

花屋さんで声かけられて

家に連れて帰りたくなるあたし。

 

 

きょうは胡蝶蘭を2鉢。

ちょっとミムラスに似てるの。

 

 

震えて寒そうだった胡蝶蘭。

よしよし、いいこいいこ。

 

 

 

********

 

セッションメニューは切り替え中につき、

おやすみです。

    


イベントはこちら↓
ぜひ、ご参加下さいませ!!

初めてのダンス公演も見に来てね❤️


◎秋のイベント
 

 2016年9月17日(土曜・満月)18:45〜

 

2016年秋のダンスリトリート 河口湖

 2016年10月7〜9日

 

◆那須シズノ東京ダンス公演開催決定!!

2016年10月23日 主催・出演予定です。

どうぞお越しください。