フルムーン瞑想会〜音と灯りの中で〜

フルムーン瞑想会〜音と灯りの中で〜
 

2016年9月17日(土曜)

 

18時45分から21時

   開場は18時半

 

ところ:東京都江東区 芭蕉記念館

    (森下もしくは清澄白河より徒歩6〜7分)

 

参加費:3000円(当日のお支払い)

 

 

内容:第一部 動く瞑想  

   第二部 座す瞑想

 

 

世界の人口の1割が瞑想をするようになれば戦争やテロはなくなると聞いたことがあります。

 

瞑想のきっかけを作り、瞑想を習慣にしませんか?

 

瞑想の中で自分自身の中心にかえるとき、すべては、たんなるエネルギーとしてハートにかえってゆくでしょう。

 

 

第一部では、クリスタルボウルの音を観じながら、観音舞のストレッチと所作を伴った呼吸によって瞑想への準備を整えていきます。そして、動く瞑想法により「今ここ」の感覚を味わっていきます。

 

 

第二部では、メディテーションキャンドルの灯りをともし、「座る」こと「呼吸」を深める具体的な方法をお伝えしていきます。そのあと、グリシャンカール瞑想、クンダリーニ瞑想、ナーダブラーマ瞑想など、幾つかのステージがある瞑想の時間を共に過ごしましょう。

 

 

変容をサポートするクリスタルボウルと、他では手に入らないスペシャルなキャンドルも瞑想空間をホールドしてくれます。聖地吉野山に生息する希少な在来種日本蜜蜂のミツロウ、大峰山寺や天河弁財天大社周辺のヒノキ精油、そして古来より神の草と称された大麻の芯を使った手作りキャンドルが演出する空間もお楽しみください。(瞑想ガイド:メディテーションキャンドル作り手 須藤氏より)

 

*芭蕉庵という、芭蕉の覚醒のエネルギーが未だ残る場所にて、場の波動の違いを感じに来てください。

 

「古池や 蛙とびこむ 水の音」

 

蛙が飛び込むのは丹田であり、そこに残るのは水の音(空)だけだった。そこには、蛙である自己は残っていなかった。

 

*瞑想は宗教ではなく、生理学的な技法です。一人ひとりに最善が起きますよう、

芭蕉のエナジー残る場所にて、瞑想ギャザリングを行います。

 

 

お申し込みはこちらから




◎その他秋のイベント

2016年秋のダンスリトリート 河口湖

 2016年10月7〜9日

 

◆那須シズノ東京ダンス公演開催決定!!

2016年10月23日 主催・出演予定です。

どうぞお越しください。