泥水で聖水

ヒエラルキー(階層に分ける)のが好きな思考は、私は○派だから、私はういう人間だからと名付けたがる。

人が派閥を作りたがる、どこかに留まって自分を証明する何かに属したくなるのは、永遠に存在しない「中間」を求めるからだろうか。

わたしは嘘つきだし、正直すぎる。
怒りのときと歓喜の振れ幅が大きい。
濁った泥水だし、清らかな水でもある。

わたしはやりすぎるし、やらなすぎる。
無価値観に囚われて死にたいと思ったり、自己愛に溢れて私を主張したりする。

わたしは男が大嫌いで男を愛してる。
わたしは聖で野蛮、静的で動的だ。

わたしは凶暴でマリアの愛でもある。

わたしはこの上なくワガママで、この上なく愛だ。

を味わいながら、どこにも留まらない中でわたしを生きてる。

 

 ◆スペースDevi6月の予定は

「お知らせ」にあるキャンドル瞑想会、子ども心理の勉強会、発酵とロースイーツの会です。

 

 

その他、大分県、山梨県、北海道へと移動しながら、舞の道やタオ、クンルンのライフワークは続きます。

 

 

ハートの授業のパンフレットができました。お近くの小学校などに配って下さる方がいらしたらお声かけくださいませ。

 

 

ハートの授業は、子どもの感情や心の育ちを理解するための保護者向け、教員向け、養護教諭向け研修会としても、ご依頼いただいております。子どもと関わる方へお届けしたいため、教育や福祉現場に繋がりのある方、パンフレット郵送いたしております。橋渡しのお力添え、よろしくお願いします。

 

◆不定期でコラムを書いています。