まるっと生きる

最近たくさん話しているなぁと感じます。

 

 

研修会と講演会が5つ。

皆さんにお伝えする機会をもらっています。

 

 

話し方講座とか受けておけばよかった。。なんてね。

 

 

わたし、聞き取りやすい声でもないし

脱線するし、たまに茨城弁だし

思いだけで話しています。

 

 

絵も下手なので、たまに描いて説明したりすると

笑いを取れるのでそれはよかった^^

 

 

わたしの思い・・・

 

 

子どもに関わる大人は指導者ではなく

支援者でありたいし

 

 

支援者になったら

支援しようと相手に向かわずに自己探求者になってほしい

 

 

そして探求者になったら、表現者になり

表現者は内側の感覚を外側とつなげていく・・・

 

 

だんだんマニアックになっていきますが

そういった道が私の通ってきた道でもあります。

 

 

そして、今は

まるっと生きる姿こそが、知らず識らずのうちに誰かを育てると思っています。

 

 

まるっと生きる、

それだけで充分。

 

 

あぁ、何もすることはなかったんだと

まるっと一周した時に、指導者でも支援者でも探求者でも表現者でも、どれを選ぼうが良かったんだと気づきます。

 

 

気づきながら選べるという第三の視点へ移行中です。

 

 

まるっと生きる人たちへ

 

 

 

 

 

 ◆スペースDevi6月の予定は

「お知らせ」にあるキャンドル瞑想会、子ども心理の勉強会、発酵とロースイーツの会です。

 

 

その他、大分県、山梨県、北海道へと移動しながら、舞の道やタオ、クンルンのライフワークは続きます。

 

 

ハートの授業のパンフレットができました。お近くの小学校などに配って下さる方がいらしたらお声かけくださいませ。

 

 

ハートの授業は、子どもの感情や心の育ちを理解するための保護者向け、教員向け、養護教諭向け研修会としても、ご依頼いただいております。子どもと関わる方へお届けしたいため、教育や福祉現場に繋がりのある方、パンフレット郵送いたしております。橋渡しのお力添え、よろしくお願いします。

 

◆不定期でコラムを書いています。