こどもの日に伝えたいこと〜ハートの授業〜

真夏日のようなこどもの日。

高尾おおるりの家でたくさんの新緑と鯉のぼりの下、川に入ってきました。

 

 

私は子どものセラピストですが、一般的に言う”子ども好き”とは違うような感覚でいます。

 

 

逆に、子どもは嫌いだなって思っている時期もありました。

 

 

だって邪魔するんだもん…っていう私のこどもっぽくて愛なんてない一面を教えてくれたのも子どもでした。

 

 

怒りっぽくて傲慢、自暴自棄な私の側面、無邪気で喜びたくさんで、慈悲深い私の側面、とにかく色んなわたしのカケラを子どもたちのおかげで拾い集めることができています。

 

 

そんな意味で、子どもってすごいなぁと感じていて、いろんなことを超えて

 

 

こどもっていう生きものが大好きです。

 

 

こどもの日に、

私の思いをハートの授業という活動に乗せてお伝えしたいと思います。

 

 

 

私がハートの授業を作ろうと思ったのは昨年末。

 

 

子どもたちに伝えたいという熱い思いが湧き上がってきたからです。

 

 

それは、こんなこと。

     

  

◆喜怒哀楽、すべての感情が大切なんだよ

 

◆自分を表現したら、どんな気持ちになった?

 

◆自分の中にある、本音に触れてみよう

 

◆自分をしっかりと感じることができたら、友達も大切に感じることができるよ

 

◆あなたは大切な子

 

 

 

こんなメッセージをハートの授業に散りばめています。

 

 

私はこれまで、心理カウンセラー、セラピストとして、たくさんの子どもたちや親御さんや先生方に会ってきました。

 

 

この子は、泣き虫でとか怒りん坊でとか、落ち着きがないとか、乱暴だとか優しくないだとか、そんな言葉を聞きます。

 

 

子ども自身まで、自分にそんな名前をつけている場合もあります。

 

 

でも、本当にそうなの?

 

 

大人の色眼鏡をかけて曇った目からは

社会や常識っていう一つの基準からは

そう見えるかもしれない。

 

 

けれど、本当にそうなの?

 

 

大人が、自分自身の色眼鏡を外して

純粋な目で見たら、その子はどんな風に見えるだろう。

 

 

子ども自身が、ジャッジされずに自分をめいっぱい表現したら、どんなに清々しいだろう。

 

 

はじめは子どもたち向けのメッセージとして作ったハートの授業。

 

 

やっていくたびに気づいたことがあります。

 

 

それは大人向けのメッセージでもあるということ。

 

 

ジャッジや評価ばかりする、審判員にはならないで。

子どもが表現したがっている声にもっと耳を傾けてみて。

人を変えようとしなくていいんだよ、と。

 

 

大人が自分自身の「ほんとう」を生き始めるだけです。

そうしたら、自然と子どもたちも「ほんとう」をめいっぱい生きられるから。

 

 

本当ってなんでしょう。

本当は、いくら考えてもわかりません。

 

 

それよりも体の声、ハートから湧いてくる声に耳をすますこと。

大人自身が自分の感情を怖がらずに、そっと感じてみること。

そこから始めていきましょう。

 

 

私一人でできることなんて、本当に少ない。

 

 

でも子どもたち何十人、将来的には何百人、何千人と関わることになる学校の先生や一人の大人が、少しでも子どもたちを見る見方が変わったら??

 

 

それはどんなに大きな力となるでしょう。

 

 

 

特に決められたの物差しで測らざるをえない学校教育という場において、

大人たちが、もっと柔軟に子どもたちを見ることができるようになったらなと思っています。

 

 

 

こちらが、子ども向けワークショップ「ハートの授業」のHPです。

ご参加くださった方々のお声も載せてあります。

親子向けにもアレンジできます。

 

 

 

シェアとても嬉しいです!

パンフレットの配布も嬉しいです!!

 

 

出張いたします。子どもがいる場所(学校や、子育て広場など)に配って下さる方、PTAや親子イベントなどに関わっていらっしゃる方、パンフレットを郵送いたしますのでご協力ください。

 

 

 

*** スペシャルサンクス ***

 

これまで、私の小さな想いに共振してくださって助けてくださった方々がいます。

 

 

カズコさんにワークで使う布を縫っていただき、旭香ちゃんに絵を描いてもらい、美子ちゃんに写真を撮ってもらい、とまちゃんにパンフレットを作っていただき、昇ちゃんやシベンがサポートしてくれて、形になりました。

 

 

そして大分に、親愛なる西の魔女がいます。これから私たちの精神性は非二元に向かっていく流れの中で、実生活でそれを体現し先導している心理カウンセラー、講師、意識×潜在意識研究家の橋本和泉さんメタフローラプレゼンスでは精神面での強力なサポートを現在進行形でいただいています。

 

 

 

最後に、ありがとう。

私という人・・・心理カウンセラー・こどもセラピスト相山千賀子の紹介

 

 

 

 

 

 

スペースDevi5〜6月の予定は

「お知らせ」にある瞑想会、ダンスWS、子どものセラピー勉強会です。