言っちゃダメ、やっちゃダメの甘美

 

「ふわふわ言葉を使おう!

トゲトゲ言葉を使わずに!」

 

これが、教育現場の一部では流行りのように言われています。

 

こういう二元性の中の仕組みは

言っちゃダメ、やっちゃダメという縛りを多くして

蜜の味で「隠れてやってみたい・・・」と惹きつけるような甘美の罠がある気がしてなりません。

 

どうして、敢えて「言っちゃダメ!」って縛りを付けるのかが、すごく不思議。

 

これは完全に性癖のある大人が作ったものじゃないのかな?

やっちゃダメなのに・・・あぁ快感!っていう、笑。

 

この社会は、本当に変態社会ですね、と思うのですよ。

 

ま、私も変態ですが^^

社会が変態だとしたら私はとってもまともだなって思うんです。

 

 

 

一見、正しいことのように見える中に

悪を敢えて作っている仕組みがある。

 

悪を抑えて正しきを押し付ける中に

かえって悪を甘美にして惹きつけられる仕組みが作られている。

 

 

子ども達は行儀のよい良い子よりも

ガキ大将、口の悪い友達、ガラの悪い友達が大好きでしょ。

 

あれは、自分の中の悪を友達が表現してくれて楽しい。

 

私もそうだな。

常識的な正しい人より

やんちゃな外れちゃってる人の方が好きよ。

 

私の中にいるダメ母ちゃんが手をつなぎたくなるから^^

 

子どもたちにも「あんな子と付き合っちゃだめ!」なんて言わないでね。

必要なの、そんな子が。

その子が、あなたの中の悪人の役目を担ってくれているだけ。

 

 

これに気づける大人が増えるといいなと思います。

 

それには、意識を高くするということ。

二元性の中にどっぷりと浸っていると

見えないことがあります。

 

二元性の仕組みを見ている、第三の視点が必要です。

 

人を育てている人は

良し悪しを判断する、審判員にならないでね。

 

 

追記⭐︎私の好きな写真⭐︎

 

審判員がなくとも

ちゃんとヘルメットをかぶって自分を守る2年前くらい?の次男くんが可笑しくて大好き!

自分たちで、勝敗を体で知っていくよ。

 


*** 近日中のイベントなど *** 

 

◆2/25~3/1 ハワイ島・再誕生ダンスリトリート 

 

◆ 小学校でのハートの授業

 詳細 → information 更新しました☆ 

◆定例会:キャンドル瞑想と〜(ほにゃらら)

 詳細 → information 更新しました☆ 

 

 

***************

 

 

ハートの授業について

子ども向けの感情解放と瞑想的な時間をシェアしていくために

学校の体育館でできるハートの授業というのを開発しました。

 

体育館は、整列や前へならえ!指示を待って動くだけのとことではありません。

輪になって友達とつながる感覚や、感じて動くという体験、感情を自由に表現してもいいんだというメッセージを伝えていきます。

 

今後の予定はinforemationに載せてあります。

ご興味ある方は、お手伝いください。

もしくは、出張で授業を開催します。

学校以外でも親子イベント、子どもイベントに伺います。

対象は4〜12歳です。

中学生向け、発達障がいのお子さん向けも開発中です。お問い合わせください。

 

 

 ◆個人セッションのご案内

大人向けセッションと子どもの習い事形式のプレイセラピーを行っています。

メニューはこちら

プレイセラピーについて

 

 

 

舞・むすび・祈り

スペースDeviについて

 

千賀子のブログ

 

 プレイセラピーまでの流れ

 

 

コラムも書いています。