14歳の子へ

立て続けに14歳の子に会ったために感じたことを書きます。

 

中2というのは、特別な時期に思えます。

 

13歳と14歳。

 

 

シュタイナーの言う7年周期の14歳。

 

肉体的な成長と性的な熟成

ホルモンが活発になったり

アストラル体と言われる高次の領域が

誕生したり、14歳前後は混乱する子が多いのも納得です。

 

彼らに聞いてみると口を揃えて

「よくわからないけど」と言います。

 

自分でもどうしてかわからないけれど

これまでと違う自分になってしまったような感じがするそうです。

 

 

 

しかも思考が抽象化し、活発になる時期でもあるので

理屈を考えたくなる時期でもあり

批判的な意見、理想的な意見、そんなものが活発になりますね!

 

 

思春期の子たち

学校に行きたくても行けない子たちと会っていて自分のことを思い出して話すことがあります。

 

私も数ヶ月に1度は学校を休んでいて

3〜4日、お腹が痛いとって

家の中でゴロゴロとしていた記憶があります。

 

うちの人は特に何も言わずに放っておいてくれました。

おばあちゃんが雪見だいふくを買ってきてくれるのが嬉しかったのも覚えています。

 

クラスの友達が心配をして

名簿にいろんな人の声を集めて持ってきてくれたり、

それが嬉しい気持ちと申し訳ない気持ちがあったのを覚えています。

 

それから、クラスに学校に完全に来ていない子の机を見て

「この子って、すごいな、勇気あるな」

と思った記憶もあります。

 

 

長い人生の中で

ターニングポイントというのは人それぞれやってきます。

 

それがいつなのかは本人がたましいの上で決めているものです。

 

そして、それは暗い産道を通るように

苦しくて出口がないトンネルのようだと表現する方もいらっしゃいます。

 

 

けれど、かならず出口はあって

暗い道を通らなければわからなかったことに気づくことができます。

 

 

14歳の彼ら。

簡単に癒される必要もなく、ただ潜る・・・くぐること。

 

尊きプロセスを歩んでいることを信頼すること。

 

なぐさめなんていうのはいらない、

 

ただそばにいることしかできないこともあります。

 

ただ、信頼して見守る人の存在は大きいと思います。

 

試行錯誤の中のおかあさん、お父さん、

先生達、力尽くして力抜けますよう。

 

 

 

 

*** 近日中のイベントなど *** 

 

◆2/25~3/1 ハワイ島・再誕生ダンスリトリート 

**締め切り本日です!!

 

◆ 小学校でのハートの授業

 詳細 → information 更新しました☆ 

◆定例会:キャンドル瞑想と〜(ほにゃらら)

 詳細 → information 更新しました☆ 

 

 

***************

 

 

ハートの授業について

子ども向けの感情解放と瞑想的な時間をシェアしていくために

学校の体育館でできるハートの授業というのを開発しました。

 

体育館は、整列や前へならえ!指示を待って動くだけのとことではありません。

輪になって友達とつながる感覚や、感じて動くという体験、感情を自由に表現してもいいんだというメッセージを伝えていきます。

 

今後の予定はinforemationに載せてあります。

ご興味ある方は、お手伝いください。

もしくは、出張で授業を開催します。

学校以外でも親子イベント、子どもイベントに伺います。

対象は4〜12歳です。

中学生向け、発達障がいのお子さん向けも開発中です。お問い合わせください。

 

 

 ◆個人セッションのご案内

大人向けセッションと子どもの習い事形式のプレイセラピーを行っています。

メニューはこちら

プレイセラピーについて

 

 

 

舞・むすび・祈り

スペースDeviについて

 

千賀子のブログ

 

 プレイセラピーまでの流れ

 

 

コラムも書いています。