ハートで受けとったものたち。

 

 「あー、すっきりした!」

 

そんな言葉を子どもから聞けることを

私は何より嬉しく思います。

 

きっと、私の中の子どもも

一緒に解放されて、彼らを通して

私が受け取っているものが大きいから。

 

 

さて。ハートの授業を

鬼怒川地区の小学2年生24名と

 

小学校1年生15名+保護者の方15名にお届けしました。

 

ハートの授業を鬼怒川地区で始めたのは、

昨年9月の決壊で家を失くしたり

怖い思いをした子どもたちの心のために

何かできることはないかなっていう思いがきっかけでした。

 

でも、企画を始めてからは

どうしてやってるのかよく分からず、

理由がなくなって

 

突き動かされる感覚と

やりたい!っていう単純な思いだけになっていました。

 

どうしてこんなに集中して熱意を向けられるのか?自分でも不思議で、

 

〜のために、〜するっていう思いが途中から消えて

 

湧いてくる欲求だけに従って動くという体験をさせてもらいました。

 

 

 

この体験をさせてもらう中で

たくさんのことに気づかせてもらいました。

 

 

何より、私の中にある恐怖心がより明るみになったということ!

 

驚くほど恐怖心のかたまりでした、私。

 

パートナーシップで、

相手に支配されないように防御、攻撃している恐怖感。

 

男性や権威から怒られるんじゃないかと怯えている恐怖心。

 

ちゃんとしなきゃ!と緊張してる恐怖。

 

リーダーシップを取ると孤独になってしまうのではないかという恐怖。

 

失敗するのことへの異常な怖さ。

 

うわお!

私の半分以上は、恐怖心でできていた・・・唖然とするほど!!

 

あぁ、大したことないな私

ちっちゃい子どもみたいに怯えてるだけだって気付いちゃった。

 

それが大きなギフト。

 

もうどうでもよくなりました^^

 

 

こんなに怖いものだらけで

自分を守るためにいたんだね。

 

 

それが解ったら

可愛く思えて

 

あぁ怖いんだねぇ私って

自分を外側から見てる感じ。

 

怖いままで

怯えたままでちっちゃな私のままでいいよ。

 

何も直すところなんてないから

恐怖心をいっぱい安心して感じたらいいよって。

 

これ以上、何の期待もなくなった。

そう、何の期待もなくなったの。

 

そうしたらね、もう一つギフトがやってきた。

 

予期せず、お礼をさせてくださいと

学校から謝礼金をもらい

初めて、お金をもらって大泣きするという経験をしました。

 

 

お金をもらって泣くなんて

人生のうちで最初で最後の体験かもしれないな。

 

どうして泣いたんだろうと、さっき答えがやってきた。

 

自分の好きなことをして稼いだお金だから?

 

違う。

これまでだって好きなことをしてお金もらったことあるもの。

 

いっぱいエネルギーをかけたから?

苦労したから?

 

違う。違うんだ。

苦労したらもらえるっていう犠牲の感覚じゃない。

 

そうか、電車に乗っててふと解ったの。

 

予期してなかったからなんだって!!

 

予期せず、期待もなく

今やることを淡々とやって、

 

形がどうなるとか

報酬がどれだけもらえて

予算はどれくらいでどれくらいの結果と効果を出せるかとか

誰かが喜ぶからとか・・・

 

そういう期待が一切なかったからなんだって。

 

一枚のお札で、こんなにも満ちる感覚を

私は体の中いっぱいに染み込ませた。

 

 

そして、さらにまたギフトが・・・

一緒に参加してくれたスタッフの方からメッセージをもらった。

 

鬼怒川決壊で家が流された時に

ヘリコプターで救助された女の子。

 

その子が、自分で描いた絵を

「絶対に見せたくない」と、

 

泣いてぐちゃぐちゃになった顔を絶対に見せたくないって手で隠して伏せてしまった。

 

「見せたくない」を大事にして

その子のスペースを大切にした。

 

そのうち、私たち大人がダンスしたり

大きな声で叫んだりするのを見て

すごく面白がってくれて

帰り際に何度も、「もう一回やって!」とせがんできた。

 

たくさん笑ってた。

そして最後に

「また来てくれるよね!また来てね!」ってハイタッチで見送ってくれた。

 

 

その一部始終を教えてくれて、

メッセージをくれて、涙が溢れてきた。

 

 

全く期待してない中で

未知の中で出会う

こんなにも愛しい偶然の出会いが

なんて美しいんだろう。

 

 

計算したり予期したり

それはすべて過去を生きることだから。

 

 

すべて手放して未知に開かれ

「わからない」という場所に居られることは

なんて尊いんだろう。

 

 

手放すというのは

自分を明らかにすること。

 

 

手放すというのは物を捨てたり

 

自分のネガティブな部分を切り捨てることじゃない。

 

どんな自分でも明らめること。

 

 

そして、未知に開いて

今の、この瞬間を

何の予測も準備も期待もなく

ここに居られるっていうこと。

 

 

その尊き

その美しき

”そのまま”というあなたを

目一杯生きること。

 

 

手放しで

自分の生を目一杯生きていこう!

 

 

えんじょーーい!!

 

 

 

 *** 近日中のイベントなど *** 

 

◆2/25~3/1 ハワイ島・再誕生ダンスリトリート 

◆ 小学校でのハートの授業

 詳細 → information 更新しました☆ 

◆定例会:キャンドル瞑想と〜(ほにゃらら)

 詳細 → information 更新しました☆ 

 

 

***************

 

 

ハートの授業について

子ども向けの感情解放と瞑想的な時間をシェアしていくために

学校の体育館でできるハートの授業というのを開発しました。

 

体育館は、整列や前へならえ!指示を待って動くだけのとことではありません。

輪になって友達とつながる感覚や、感じて動くという体験、感情を自由に表現してもいいんだというメッセージを伝えていきます。

 

今後の予定はinforemationに載せてあります。

ご興味ある方は、お手伝いください。

 

 

 ◆個人セッションのご案内

大人向けセッションと子どもの習い事形式のプレイセラピーを行っています。

メニューはこちら

プレイセラピーについて

 

 

 

舞・むすび・祈り

スペースDeviについて

 

千賀子のブログ

 

 プレイセラピーまでの流れ

 

 

コラムも書いています。