白いワンピースの女の子へ

息子に

「おかあさん、最近優しくなったね」

って言ってもらったんだって。

 

優しくても、怒っていても

本当はどっちでもいいんだけどね、

 

目が輝いてるからよかった。

 

彼女はトイレットトレーニング

怒りのコントロール

アンガーマネージメント

 

などなど、片仮名の付くことたくさんして

 

トレーニングしよう

コントロールしよう

マネージメントしようとしてきました。

 

ほんとうに一生懸命で、それは素敵なこと。

 

ただ、あなたらしくなかったのかもしれないね。

 

ちゃんと子どもは訴えてくれる。

 

感情は割り切れないし、

コントロールできないから

おかあさん、もっと楽になってもいいよって。

 

いつでも導きはやさしいよ。

 

仕事や家事を効率よくやる左脳さんは、スーツを着た公認会計士さんみたい。

 

気分屋でイメージ優先で一貫性のない右脳さんは、白いワンピースを泥だらけにした女の子みたい。

 

泥だらけになるのに、お気に入りの白いワンピースを着るなんて!って怒らないで。

 

だって朝起きたとき、このワンピース着たかったんだもん。

 

水たまりあったから入ってみたくなったんだもん。

 

瞬間瞬間を生きるって素敵ね!

やっぱりあなたには白いワンピースが似合うわっ。

 

おかあさんの中の女の子が喜んだら

息子が3人も嬉しくなって、

 

その息子3人に出会う人も嬉しい気持ちになる。

 

出会う人がそうやって

 

私の知らない人に喜びを分かち合っていくことが、ほんとうにうれしい。

 

 

君たちから教えてもらえる

正解もなくて

答え合わせもできない日々の投げかけに

いっしょに揺れて

気持ちをいっぱい使って。

 

だから「誰か」をマネージメントもコントロールもいらない。

 

「わたし」の気持ちをいっぱい使うこと。

それしかできないし

それしかしなくていい。



舞・むすび・祈り

スペースDevi


千賀子のブログ