パパ2号!

月が綺麗だったのでカーテンを開けたまま眠ったら、えいたくんが私よりも早く起きてゲームをやっていました。


パパがいないから、ママすごく大変で呼吸がうまく奥の方まで入ってこないから手伝ってと言ったら、ゴミ捨てと洗い物と洗濯物干しを手伝ってくれました。


そうなんです、パパが足を大けがして1週間の入院で、満月の今日、手術になりました。

 

病院と家と、そして実家と甥っ子の家とバタバタと移動した上に、家事の山と子どもたちのお世話…本当に、過呼吸寸前。


怒涛のように展開する現実。


わたし、足元がぐらつくととたんに混乱、弱くなる。泣いちゃうくらい弱い女の子が出てきて、でも頑張らなきゃって混乱しながら突っ走る。弱いのか強いのかよくわからん。ま、繊細なんだなぁと思う。



パパが倒れたら、とたんに私の自由度と、呼吸の深さがなくなることが判明。


当たり前にありがとう。


パパ2号!えいたくん登場!!

頼もしい!!


洗い物も洗濯畳むのも、じょうず!!床、びっちょびっちょだけど〜


おーちゃんは疲れてるみたいで、お休みモード。

いいよ。君はやる気があるとパパみたいに強くなれるって知ってるからっ。


やれる人がやる。

無理な人はやらない。


比べたり、無理したりはしない。


やれたときは、すごい!ではなくて

ありがとう。


やれなかったときは、どんまい!

ゆっくり休んで。


以上、我が家の法則。


私もゆっくり休もっと。