母性とは。その2

母性とは、見守り寄り添い。

 

どうにかしようと解決策を考えたり

アドバイスすることとは違うもの。

 

一緒に感じる間(ま)を持つこと。

 

その間に、相手は二人でいながら一人であるように感じ、内観が始まり、自分自身について本当に悩むことができる。

 

多くの場合は、悩んでいるように見えて悩みにまで至っていない。


あれがやだ、これがやだと不満を言っている間は、それは悩みではなく。


たとえばそれは子どもがただをこねて甘えてるのと同じもの。

 

本当に悩むことができたら、人は成長できるもの。

 

母性とはその成長を信頼して、間を持つこと。