せんせーが

ねこじゃらし抜いたボクを見て

「だめ!ねこじゃらしさん生きてるよ。

ぬいたらかわいそうよ」


そうか、ぬいたらだめなんだ。


ぼくの遊びたい気持ちが

ぬけちゃった。


ひっこぬいて

じゃらして

手でむくむくむく


上にいくよ

下にいくよ


ぼくと、緑の草の

くすぐりっこ。


ねこじゃらしなんていう名前しらないけど

手のひらに残ったじゃらじゃらは

ぼくじゃらし。


じゃれたい気持ちが残ってて

友達の背中に触ったよ。


じゃらじゃらしない

友達の

やわらか背中を押してみた。


友達転んで泣いちゃった。


「お友だち、押さない!」


抜かない、押さない。

押さない、抜かない・・・


触れたい気持ちはどこにいく。


ぼくの触れたいお手てはね、

じゃらじゃら、ぬくぬく

知りたいんだ。


いっぱいいっぱい知りたいんだ。


しゅんしゅん気持ちは

どこへ行く。


あの子のしゅんしゅん

手のひらに、

残ったしゅんしゅん

触れたいよ。