昨夜のこと。

普段からおしゃべりの長男が寝る直前、

何かが降りてきたように、いつも以上の弾丸トークで話し始めました。


15分以上絶え間なく、でしたから驚きです。


わたしと次男は聞き役。


長男は暗闇の中、同じことを繰り返し訴えるように語っていました。


最後には「いっぱいしゃべったけど、まとめると"優しさ"について言いたかったんだ。おやすみ」と寝ていき、次男と一緒にぽかーんと目が合い爆笑でした。


聞き上手で、笑いのわかる次男も笑えますが。


6歳くんが言いたかったことは、こんなことでした。


やさしさってね、嫌なことは嫌、疲れたときは疲れた、できないことはできないって言うことなんだよ。ご飯つくってて一緒に遊べないときは、遊べないけどお手伝いして?とか、嫌だって泣いてるときは「いやなんだね」って言うこととか「分かったよ」とか「しょうがないね」って言うことなんだよ。


やさしさっていうのは、こころにあって自分の中にやさしさがあると、相手にもやさしさがうつって、一日やさしさでいっぱいになるの。


ママが疲れた時とか、できないときは、ちゃんとやさしさで疲れたとかできないって言うんだよ。

パパにも言っておくから。そしたら、おーちゃんがやさしさで、できることをお手伝いするから、ちゃんと言うんだよ。


やさしさって、そういうことなんだよ。無理したり、がんばることじゃないんだよ。